• ホーム
  • ミニプレスの妊婦、授乳婦、小児への投与について

ミニプレスの妊婦、授乳婦、小児への投与について

考えている女性

ミニプレスは血管を収縮させる交感神経のα受容体を遮断することで血管を広げ、血管の抵抗を減らして血圧を下げる薬です。
本態性高血圧や腎性高血圧などに用いられます。
他の降圧剤に比べておだやかに血圧を下げる作用があり、心臓や腎臓などへの影響がなく、一日1,2回の服用で効果が長時間持続することも特徴です。
降圧剤としては第一選択されないものの、糖尿病や脂質代謝異常がある場合に適しており、ぜんそくや排尿障害、レイノー症状がある人にも用いることができる薬です。

では、このミニプレスは妊婦や授乳婦、小児に投与することはできるのでしょうか。
まず、妊娠中のミニプレスの投与に関する安全性は確立していません。
そのため、妊婦または妊娠している可能性がある女性には、高血圧の治療のうえでミニプレスを使用する有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与するべきであるとされています。
そのため、妊娠中または妊娠している可能性がある場合は医師と薬剤師に伝え、相談してミニプレスを使用するかどうかを判断するようにしましょう。

授乳婦に関しては、ミニプレスの主成分プラゾシンが母乳中に移行することが報告されています。
新生児や乳児に対する安全性は確立されていないので、医師と相談の上、ミニプレスの使用をやめるか、授乳を停止することが望ましいとされています。
また、小児については、低出生体重児・新生児・乳児・幼児・小児いずれにおいても安全性は確立していません。
こちらについても医師と薬剤師に伝えるようにしましょう。
以上のように、妊婦、授乳婦、小児へのミニプレスの投与については安全性が確立されていないため、必ず医師と薬剤師に伝えて相談した上で使用するようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧