• ホーム
  • ミニプレスの効果と特徴まとめ

ミニプレスの効果と特徴まとめ

薬を飲んでいる男性

ミニプレスは交感神経のα受容体を遮断する作用がある薬です。
血管にはα受容体があり、これが刺激されることで血管が収縮して血圧があがります。
α受容体を遮断することで血圧を下げることができます。
血圧を下げるための薬としては第一選択されることはありませんが、降圧剤のなかには糖尿病の患者には使えない場合があります。
ミニプレスは糖尿病や脂質代謝異常のある人でも使うことができます。
ほかにも喘息や排尿障害、レイノー症状のある人でも用いることができます。

ミニプレスは高血圧の治療以外に、前立腺肥大の治療薬として使われることがあります。
前立腺肥大症に伴う症状として排尿障害があります。
尿道平滑筋にもα受容体があります。
これを遮断することで尿道をゆるめる作用があります。
尿の出をスムーズにさせる効果があります。

もしもミニプレスが合わない方はユリーフや、シロファストなどのユリーフジェネリックを試してみても良いでしょう。
こちらも排尿障害に効果のある治療薬で、個人輸入代行の通販でも買うことができます。
また、ユリーフジェネリックは通販でまとめ買いがお得ですので、病院を何度も受診するより便利で経済的です。
通販で買うことの注意点としては、服用に関しては用法用量を自分で確認して守る必要があることです。
自己判断で服用量を増やすといったことはやめましょう。

注意することは血圧が下がりすぎないように注意することです。
降圧剤として使用する場合は、ほかの降圧剤であるACE阻害薬やβ遮断薬と併用することもあります。
このようなときは飲み始めのころは血圧のコントロールがうまくいかず起立性低血圧(いわゆる立ちくらみ)がおきることがあります。
急に立ち上がることはさけ、動作をゆっくりすることが必要です。
ミニプレスはおもに肝臓で代謝されます。
肝臓の機能が低下している人が飲むときは注意が必要です。
またうっかり飲み忘れた場合の対応ですが、次に飲むときに2回分を同時に飲むようなことをしてはいけません。

ふつうは少量から開始し、薬の効果や副作用をチェックしながら量を加減します。
成人であれば1日1~1.5mgを2~3回に分けて服用します。
効果が不十分な場合は1~2週間の間隔をおいて増やしていきます。

関連記事
人気記事一覧